乗馬ライセンスを習得するポイント

subpage01

乗馬を習いたい、また習ったら目標をもってやっていきたい趣味だと思っているのであれば、大会にも出たいでしょう。

乗馬は大きな大会に出る際には、乗馬ライセンスを必要とします。

ローカルな乗馬クラブの大会であれば、乗馬ライセンスも必要ないのですが、県大会や大きな大会になるとB級ライセンス以上でないと参加ができないという事もあります。

乗馬ライセンスのお得情報を公開します。

やるからには欲しいライセンスです。



では、どうしたら取ることができるかというと、やはりある程度の練習をして実力をつけていかねばなりません。プラスして、乗馬の知識も必要になります。

乗馬クラブによっては、クラブ内のライセンスを取る事ができます。
クラブ内のであれば、身内の大会に出る事も可能ですが、大きな大会となれば日本馬術連盟のライセンスが必要となります。

もし、習得するのであれば練習を増やし、上達をすることが大事です。


並足にはや足に駆け足、これに付け加えて肩を内に入れた運動や斜め手前を替えの号令により、伸長はや足にといったさらに速く走らせる技術なども必要です。
他にも、道具の名称や技名などいろんなことが乗馬ライセンスで覚えて身に付ける事をしなければなりません。
この道具や技名を覚えるのは、日々馬の手入れをしていくことで馬の体の名前なども覚えていきます。
馬術の技名は、指導員の号令がかかった際、知らない業も前後の人を見てマネすると覚えます。



自分より上の人と部班練習をする事で、覚えていきます。これが、乗馬ライセンスを習得できるポイントとなります。