ファクタリング会社を選ぶポイント

subpage01

ファクタリングは売掛債権を買取してもらえ、期日前に資金化を図ることができるという便利なシステムです。

そんなファクタリングに申し込むといった時にどんな観点で申し航海者を選べばいいのでしょうか?この点についてはまずは手数料で選ぶという方法が推奨されています。

話題になっているファクタリングの評判の声をいただいています。

このサービスを利用するお客様は、取引先への通知や承諾が不要な2社間ファクタリングを利用することが多いと言われています。この2社間ファクタリングの手数料は大体2%から20%くらいと言われており、取引先へ通知や承諾が必要とされる3社間ファクタリングと比較すると高めです。



このシステムを利用する時には複数業者から見積もりを出してもらって、最も高く買い取利してもらえるところに申し込むということがポイントです。



少しでも高く買い取りしてもらうことでそれだけ多くの資金化が図れるということになります。

また、このシステムを活用する時、手数料の次にはスピードで選ぶという人も多いと言われています。例えば、従業員に支払う給料日が近いという場合やつなぎ用の資金を調達したいといった場合、こうした資金調達をスピーディに行えることも重視したいという人も多いのです。

2社間のケースでは早ければ即日、多くは2日から5日くらいで資金化が図れるといえます。


すぐに資金化を図りたいという場合、事前に必要とされる書類を揃えておくと揃えていない場合と比べるとスムーズに運びやすくなると言われています。