将来きっと役に立つ高校卒業資格

subpage01

近年、不登校や家庭の困窮などの事情により、高校進学できない、もしくは高校中退をする子供が増えています。高校卒業をしていない場合、最終学歴は中学卒業になり、将来的な就職をする際に非常に不利になります。


勉強をしたいと思い高校をとばして大学進学を目指しても、高校を卒業していないと受験資格もありません。

高校卒業資格についてお答えします。

どうしても色々な可能性を見出すためには、高校卒業資格は必要になってきます。



では、高校に通っていない人が高校卒業資格を取るためにはどうしたらいいでしょうか。



高校卒業資格を取れるのは、何も全日制高校だけではありません。

通信制高校に入学し卒業をしても、全日制卒業と同じように高校卒業資格をとることができます。


不登校で学校に通えない人も、自宅での勉強や必要な科目を履修して単位をきちんと取得し、提出物を提出することで、複数年で卒業できます。

また、全日制高校を中途退学している人は、今までに取得している単位が通信制高校でも認められるため中退した年次から先の勉強をしていけます。
学費は私立の通信制高校では高い学校も安い学校もありますが、公立の通信制高校もあるので確認をしてみたらいいでしょう。
家庭の事情で高額な学費を出せない人も、公立であれば全日制と同じで安くで入学できます。

私立では必要な単位の数で学費が変動する学校もあります。

自宅で頑張って勉強をし、高校卒業資格を取ることができたら、就職も進学も自分の進路も選択肢が広がり、新しい自分を探すことがきっとできます。