ファクタリングの種類について

subpage01

ファクタリングといっても様々な種類があり、一括回収タイプだと売掛金早期化に使われるもので売掛先を含めて3社の間で行う場合と売掛先に通知をしないで2者間で終わる場合があります。

ファクタリング会社

売掛先が同意した3社間の方がリスクも低く手数料も安く設定されていて、近年では手形割引に代わって中小企業の資金調達方法として利用されてます。



医療報酬債権ファクタリングは、基本的な仕組みは一括回収と同じですが医療機関や歯科、介護業を対象したものです。

保険点数によって国保や社保から支払われる診療報酬を売却することで、通常は2カ月後入金の現金を即日で手に出来ます。収益性が高い医療業界ですが収入の7割は保険期間からの後入金なのでキャッシュフローは厳しく、社保へ申請される診療報酬債権譲渡通知の件数もかなり多く利用者も増えてます。保証ファクタリングは、売掛先からの回収は不安がある時に使う方法で破たんが確実だと審査で買取は出来ないとされますが、多少手数料を支払ってもリスク回避が可能です。債務会社が支払いが困難でもファクタリング会社が保証して満額代金を支払ってくれます。



取扱い金額が多額になるので大手の金融機関の商品として取り扱うことが殆どで、販売元買い者が自社の与信範囲を超えてビジネスの展開を行う時に、根保証をつける使い方や調査した販売先信用情報を提供してくれます。


国際ファクタリングは、輸出取引に対して提供されるサービスで、貿易ビジネスで不安になるバイヤーの信用度調査を行ったり金銭的な保証があります。