3社間ファクタリングで手数料を低減

subpage01

ファクタリングは売り掛け債権をサービス会社に買取ってもらうことで資金を調達できるひとつの方法ですが、ここで大きな課題となるのが手数料の問題です。

平均的なサービス会社では低いもので1.0%程度、高いもので25%に至るような手数料が発生し売り掛け債権の金額によっては大きな負担となります。


そんな状況を回避するためには、3社間ファクタリングを利用する方法があります。

ファクタリングのおすすめ

従来型のファクタリングでは利用者とサービス会社の2社間で行われますが、3社間ファクタリングではそれらの2社に売り掛け先が加わり3社の合意によって契約が締結されます。
売り掛け金は売り掛け先からサービス会社に支払われるため、2社間と比較して手数料を大幅に低減できるのに加えてお互いに状況を把握しながら進められるのもメリットです。



その一方で全ての物事を運ぶために3社間の合意が必要なのはもちろんのこと、資金繰りが必要な状況にあることも売り掛け先にオープンになってしまうことに注意が必要です。


3社間ファクタリングを行うためには売り掛け先に事前に通知を行い、同意を受ける必要があります。



手数料が低減できる一方でいくつかの煩雑な手間がかかってしまいますが、一部のサービス会社では通知から書類の作成、契約の締結などの多くの部分を代行してくれたり最適な方法をコンサルティングしてくれるサービスも提供されておりスムースに資金を調達し本来の業務に集中することが可能です。

ファクタリングの話

subpage02

ファクタリングといっても様々な種類があり、一括回収タイプだと売掛金早期化に使われるもので売掛先を含めて3社の間で行う場合と売掛先に通知をしないで2者間で終わる場合があります。売掛先が同意した3社間の方がリスクも低く手数料も安く設定されていて、近年では手形割引に代わって中小企業の資金調達方法として利用されてます。...

NEXT

ファクタリングの常識

subpage03

ファクタリングは売掛金を使ってお金を借りることを指します。商品が売れてから実際にお金が入るまでにはどうしてもタイムラグがあります。...

NEXT

ファクタリングの重要知識

subpage04

資金調達で困っている時、売掛債権があるけれども現金化は先送りになるので利用ができないケースは多いと言えます。売掛債権は支払期日が定めてあり、その時までは権利があっても現金にすることができません。...

NEXT

ファクタリングの秘訣

subpage04

ファクタリングは売掛債権を買取してもらえ、期日前に資金化を図ることができるという便利なシステムです。そんなファクタリングに申し込むといった時にどんな観点で申し航海者を選べばいいのでしょうか?この点についてはまずは手数料で選ぶという方法が推奨されています。...

NEXT